日本政府による韓国の輸出優遇国(ホワイト国)からの除外で、日韓の対立がさらに深刻になる可能性が出てきた。すでに韓国では観光や消費面で「日本離れ」が広がっており、日本の製造業は煩雑となる輸出手続きへの対応を迫られる。両政府が歩み寄りの姿勢を見せない中、民間の経済活動では両国が共に傷つく不毛な事態が現実となりつつある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます