フランスのビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は26日、「首脳宣言」と題した1ページの合意文書を採択して閉幕した。議長役のマクロン仏大統領は「私が書き、首脳の了解を得た」と述べた。異例の簡潔な文書は、記載内容より首脳間の議論を重視した結果だとした。▼オピニオン面=社説…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます