就職情報サイト「リクナビ」が、就活生のサイト閲覧履歴から内定辞退率の予測データをつくり、企業に販売していた問題で、政府の個人情報保護委員会がサイトを運営するリクルートキャリアに個人情報の取り扱いを改善するよう勧告を出した。今回の問題の背景に何があったのか、そして、なぜ内定辞退率のようなデータを企業が求めるのか。データを使った人事施策に詳しい倉重公太朗弁護士に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます