日本の焼酎を世界のShochuへ――米国ロサンゼルスでジェトロ(日本貿易振興機構)事務所を中心に官民有志で活動する「焼酎輸出促進協議会 in LA」が28日、米国への輸出拡大に向けた提言をまとめ、鹿児島県酒造組合の浜田雄一郎会長に手渡した。日本酒やウイスキーに大きく後れをとる焼酎について、特長をいかしながら米国流のビジネス展開を促す「現地からの処方箋(せん)」となっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます