受精卵を元に遺伝病を調べる着床前診断について、日本産科婦人科学会(日産婦)は、審査体制などの見直しを検討する。「命の選別」につながるという批判があり、現在は重い遺伝病に限っているが、命に関わることがまれな病気の診断を申請されたため。31日の理事会で議論する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます