日本の大動脈・東名高速道路が全線開通から50年を迎えた。人間ならば立派な中年。日々の体調管理が欠かせなくなる年齢だ。中日本高速道路(ネクスコ中日本)のPR施設「コミュニケーション・プラザ川崎」(川崎市宮前区)は、高速道路のメンテナンスの大切さを訴える。そんな施設がひそかな人気だという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます