将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が9月1日、永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)と公式戦で初めて対局する。勝者は、将棋界に八つあるタイトル戦の一つ、王将戦の挑戦者を決めるリーグ戦入りが決まる。最年少でのタイトル挑戦、さらに奪取の記録更新が期待される藤井七段にとって重要な対局だ。一方、通算1324勝の谷川九段にとっては、勝てば通算勝利数歴代単独3位達成となる節目の対局だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます