大阪都構想をめぐり、4年前の住民投票で僅差(きんさ)の勝利だったとしても大阪維新の会幹部が先送りにする方針を固めていたと、当時代表で大阪市長だった橋下徹氏が朝日新聞のインタビューに明らかにした。結果は僅差で反対票が上回ったが、賛成票が過半数でも都構想がすぐには進まなかったことになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます