将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が1日、「第69期大阪王将杯王将戦」(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の2次予選の決勝で、永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)に57手で勝ち、挑戦者決定リーグ戦(王将リーグ)入りを決めた。藤井七段は渡辺明王将(35)=棋王、棋聖と合わせて三冠=への挑戦権をかけて7人の棋士が総当たりで争う王将リーグで、史上最年少のタイトル挑戦を目指す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます