シルバー世代向け帯ドラマとして話題を呼んだ2017年放送の「やすらぎの郷(さと)」。テレビ業界人専用として作られた同名の老人ホームが舞台だが、「やすらぎ」の名に反し、いつも俗っぽい恋愛沙汰やうわさ話が飛び交う。またドラマの中では、今のテレビ局を批判する痛烈なせりふも……。変わらずにぎやかな、やすらぎシリーズの2作目「やすらぎの刻(とき)~道」を撮影中の石坂浩二さんに話を聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます