横綱白鵬が、日本国籍の取得を認められ、モンゴル出身の日本人になった。これで引退後も「親方」として日本相撲協会に残って後進の指導をすることが可能になった。年寄名跡取得に絡む国籍問題の是非は残るものの、大横綱が描く第二の相撲人生へ向けての道筋は整った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます