鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録に向けて、海外の渦潮と比較調査するため、8月に兵庫県内からノルウェーへ派遣された視察団の報告会が2日、同県南あわじ市であった。ノルウェー・ボーダ市のサルトストラウメン海峡では、鳴門海峡と同様の大規模な渦潮を確認。両海峡の渦潮について同市の大学と共同研究を進め、観光分野などで同市と連携も深めていくことになったという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます