16日の敬老の日を前に、大分県内最高齢の福田シキさん(111)の長寿を祝おうと、大分市内の介護施設を佐藤樹一郎市長が訪れた。佐藤市長から「おめでとうございます」と声をかけられると、福田さんは「お陰様で元気です」を答え、お祝いのケーキをおいしそうにほお張っていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます