東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待で死亡したとされる事件の裁判員裁判で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の第2回公判が4日、東京地裁であった。昨年2月に自宅を訪ねた児童相談所の職員が優里被告から「児相が関わると結愛が不安定になるので会わせたくない」などと介入を拒まれた、と証言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます