2010年にデビューした作家、伴名練(はんなれん)さんの約9年ぶりの新刊『なめらかな世界と、その敵』(早川書房)が、若手SF作家の単行本としては異例の売れ行きを見せている。発売初週には、ジュンク堂書店池袋本店の売り上げベスト10で総合部門の1位を獲得。知る人ぞ知る存在から飛躍した、著者の素顔に迫った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます