北海道胆振(いぶり)東部地震の直後に、道内ほぼ全域の295万戸が停電したブラックアウトから1年。北海道電力は再発防止策を進めてきたが、ほかの地域を含めて今後も起こるリスクは消えていない。大規模停電に備え、地域で必要な電気を再生可能エネルギーでまかなう「地産地消」をめざす動きも出てきている。▼1面参…

無断転載・複製を禁じます