長野県栄村で、地元を知り尽くす宿の主人と山を登る「宿六登山」が7年ぶりに復活した。仕掛け人は、移住して同村の観光協会で働く白浜彰洋さん(34)。埋もれた観光資源を掘り起こそうと村民を説得し、開催にこぎ着けた。盛況だった7月の初回に続き、今月22日にも開催される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます