認可保育施設に入れない待機児童は、今年4月1日時点で1万6772人になったと厚生労働省が6日発表した。前年同期より3123人少なく、2年連続の減少。これまで最少だった2007年の1万7926人を下回った。ただ、都市部などでは依然厳しい状況が続いており、20年度末の「ゼロ」達成は見通せない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます