「地球シミュレーター(ES)」から「京」を経て「富岳」へ。この十数年間にスパコン開発をめぐる環境は様変わりした。単純な計算速度を競った時代から、ビッグデータ解析や人工知能など個別の用途や、消費エネの性能が求められるようになってきた。嘉幡久敬…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます