ロシア北部のミサイル実験場で爆発が起き、7人が死亡した事故から8日で1カ月がたつ。ロシアが米国に対抗して進める新型ミサイルの開発中に起きたとされ、国際機関への放射能監視データの送信が止められていたことが判明した。情報隠しにも懸念が強まっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます