北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、7日午後から8日未明にかけて同国を通過した台風13号で、5人が死亡し、460戸余りの住宅と15棟の公共の建物が全半壊し、約4万6200ヘクタールの農地が浸水などの被害を受けたと伝えた。9日付の「労働新聞」も党や政府の幹部が被災地の復旧を指揮する様子を伝えた。北朝鮮はこれまで、自然災害について情報開示に消極的だったが、今回は異例の手厚い報道を続けている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます