ミュージシャンとお笑い芸人が集い、驚きのコラボレーションも――吉本新喜劇の座長の一人、小籔千豊(かずとよ)(46)が主宰するフェス「コヤブソニック」が今月、通算10回目を迎える。食えない無名時代に始めた下ネタラップのユニットを世に知らせるのが事の始まりだったが、自身が全国区の存在となった今も出身の大阪で開く。コヤソニはなぜ続くのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます