バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)は9日、各地で試合があり、日本(世界ランキング48位)は中国・東莞で順位決定リーグO組の最終戦でモンテネグロ(同28位)に65―80で敗れ、5戦全敗で大会を終えた。各組最下位チームの得失点差などにより、全32チーム中31位となった。32位はフィリピン。前身の世界選手権を含めて、日本が未勝利に終わったのは5度目の出場で初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます