11日に公表された内閣改造・自民党役員人事が、来夏に予定される都知事選に大きな影響を与えそうだ。都政運営をめぐって同党都連が小池百合子知事と対立を深めるなか、小池氏に近い二階俊博幹事長の留任が決まったからだ。都連は小池氏の対抗馬を擁立する構えで、都知事選に向けた二階氏の動向を注視する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます