H2Bロケット8号機の打ち上げ準備が進んでいた種子島宇宙センター(鹿児島県)で11日午前3時5分ごろ、発射台付近から出火し、少なくとも2時間にわたって燃え続けた。放水で炎は見えなくなったが、現場に近づけない状態が続いたため、開発元の三菱重工業は、午前6時半過ぎに予定していたこの日の打ち上げを中止し…

無断転載・複製を禁じます