10月1日からの消費増税に合わせて新たに導入される軽減税率をめぐり、2種類の税率に対応できるレジの中小事業者への導入台数が、制度開始直前の9月末時点で24万台前後になる見通しとなった。経済産業省が10日に試算を発表した。経産省は導入が必要な中小事業者数を約23万3千店と初めて見積もった上で、制度スタート前の設置のめどがたったとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます