岐阜大病院は11日、70代の男性患者が手術後の病室で心臓に異常が生じた際、それを知らせるアラームに看護師が気づかずに心肺蘇生が遅れ、死亡に至ったと発表した。病院は、手術後の経過観察が不適切だったとして遺族に謝罪した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます