古い話になるが、正宗白鳥が1926(大正15)年に信長の暗殺をテーマにした戯曲「安土の春」を書いている。ときに白鳥46歳、翌年、35歳の芥川龍之介が「ぼんやりした不安」のなかで自殺している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます