世界が直面する気候危機の現実を、メディアは適切に伝えているのか。朝日新聞も参加する温暖化の国際報道キャンペーン「Covering Climate Now」の共同創設者でジャーナリストのマーク・ハーツガード氏(62)に、その意義と問題意識について聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます