堺市の竹山修身前市長(69)の関係政治団体の政治資金収支報告書に総額2億3千万円を超える記載漏れがあった問題で、大阪地検特捜部は12日午前、政治資金規正法違反(不記載や虚偽記載)の疑いで、竹山氏の自宅や後援会事務所など数カ所の家宅捜索を始めた。竹山氏や会計実務を担当してきた次女の事情聴取もすでに複数回行っており、記載漏れの実態解明のために強制捜査が必要だと判断したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます