がん患者の治療費や療養費のうち、公的医療保険の対象にならない分について独自に助成する自治体が、全国26府県に広がっている。朝日新聞が調べた。がんは、医療技術の進歩により長くつきあう病になり、治療と生活の両立支援が重要になっている。一方で治療の選択肢は増えて高額のものも増加。支援策が模索されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます