長崎県の諫早湾干拓事業を巡り、湾を閉め切った堤防の排水門を開けることを強制しないよう国が求めた訴訟の判決が、最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)で13日に言い渡される。二審は国の主張を認め、開門を命じた過去の確定判決を「無力化」する判断をしている。最高裁がこれを支持するかどうか、または審理を高裁に差し戻すかが注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます