舞妓(まいこ)になる前の見習い中の少女を「仕込み」という。仕込みは約1年間、住み込みで花街のしきたりや礼儀作法、独特の言葉や舞踊などを学ぶ。京の花街では、夏休みや冬休みを利用して一時的に仕込みを体験してもらい、花街の雰囲気や厳しさを肌で感じてもらうところが珍しくない。この夏、憧れの舞妓になることを夢見て岐阜から「仕込みさん体験」にやってきた16歳のある1日をのぞいてみた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます