子宮内で赤ちゃんを包んでいる「羊膜」。傷の治りを早め、他人に移植しても拒絶反応が少ないという特徴を生かして、目の病気やけがの治療に使う「羊膜移植」が広がり始めている。帝王切開後に提供された羊膜を保存する態勢作りも医療機関で進む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます