プロバスケットボールBリーグの秋田ノーザンハピネッツは13日、オリジナルクラフトビールの販売を発表した。チーム創設10年目の記念事業で、売り上げはクラブ強化に使う。バスケット界では目新しい事業だが、背景には「スポンサー不足」がある。地方クラブの「泣きどころ」を乗り越えようとする取り組みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます