15日の東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)は、ランナーの「足もと」にも注目が集まる。大迫傑(すぐる)選手(ナイキ)や設楽悠太選手(ホンダ)らが「厚底」のシューズで結果を残してきたからだ。皇居の前で、ランナー100人に聞きました。あなたは厚底派? 薄底派?…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます