長崎県の国営諫早(いさはや)湾干拓事業をめぐり、堤防排水門の開門を命じた確定判決の「無力化」を国が求めた訴訟の上告審判決が13日、あった。最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)は国の訴えを認めた二審判決を破棄し、審理を福岡高裁に差し戻した。ただ、確定判決の無力化という結論は維持する方向性を示唆した。▼…

無断転載・複製を禁じます