米セレブや富裕層が名門大学に子どもを不正入学させた事件をめぐり、マサチューセッツ州ボストンの連邦地裁は13日、長女の入学選考で不正を依頼したとして、著名俳優フェリシティ・ハフマン被告(56)に郵便詐欺の共謀罪で禁錮14日などの刑を言い渡した。事件に関与した親への判決は今回が初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます