高校野球の秋季兵庫県大会は15日、2回戦があり、8月の全国選手権で春夏連続の4強入りを果たした明石商が登場。エースの中森俊介(2年)が、その甲子園以来となる登板を果たし、舞子を11―1(七回コールド)で下した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます