世界的に問題となっている海洋プラスチックごみへの理解を深めようと、愛媛県主催のシンポジウムが16日、愛媛大学(松山市文京町)で開かれた。市民や研究者ら約260人が参加した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます