千葉県などで大きな被害が出た台風15号の保険金支払額が数千億円に達する見通しとなり、日本損害保険協会は19日、「過去のワースト10に入るレベル」との見方を示した。金杉恭三会長(あいおいニッセイ同和損保社長)は「迅速に保険金を支払うよう取り組む」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます