17日午前11時半ごろ、北海道根室市の納沙布岬沖約640キロの海上で、北海道大樹町の大樹漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第65慶栄丸」(29トン、敬礼寿広船長ら8人乗り組み)が横波を受けて音信不通になっている、と僚船から根室市の落石漁協を通じて海上保安庁に通報があった。約3時間後、海保の航空機が同岬沖約610キロの海上で同船とみられる転覆した船体を発見した。乗組員の姿はなかったという。海保の巡視船が救助に向かっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます