サウジアラビアの石油施設が攻撃された問題で、「イランの仕業だ」と主張する米国と、否定するイランの間の緊張が高まっている。ただ、両国とも対話を模索していただけに、衝突拡大を避けたい事情もある。攻撃そのものをめぐる謎も深まっている。渡辺丘=ワシントン、杉崎慎弥=テヘラン、高野裕介…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます