10年前の9月に埼玉県熊谷市であった未解決の死亡ひき逃げ事件について、埼玉県警は適用する罪名を今月末に時効が迫っていた自動車運転死傷処罰法違反の過失運転致死罪から危険運転致死罪に変更し、捜査を続ける方針を固めた。罪名変更で時効が10年延びることになる。捜査関係者への取材でわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます