1型糖尿病の患者や家族を支援するNPO法人「日本IDDMネットワーク」は16日、過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」を発見した、大阪大学の坂口志文特任教授に第2回山田和彦賞を贈った。坂口さんの業績は1型糖尿病の発症メカニズムの解明や、根治療法の確立に大きな可能性を開くと評価された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます