妻の他界についてつづった朝日新聞「声」欄の投稿が本になり、歌になった。差出人は70代の男性。妻と知り合ってからの52年間に「ありがとう」と書いた。きっかけは、妻が入院先のベッドの枕元のノートに残した「七日間」という詩だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます