首都圏のマンション市場で、中古物件が新築を超える人気だ。2018年の中古の成約件数は約3万7千件で、新築の発売件数を3年連続で上回った。新築の価格が高止まりするなか、通勤しやすい立地を重視する共働き夫婦らが中古物件を求めているようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます