アジア初のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日、東京スタジアム(東京都調布市)で開幕する。競技の普及を狙って実現した12会場での開催には、多くの公費が注がれる。チケットの売れ行きは好調だが、観客のスムーズな移動や宿の確保など、来年の東京五輪・パラリンピックと通じる課題もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます