2020年度から始まる大学入学共通テストで、方針が定まっていない24年度以降の英語の試験について、多くの大学が民間試験の活用ではなく、大学入試センターによる試験の実施を期待していることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」でわかった。同時に実施した高校への調査でも同様の結果だった。共通テストの英語が、様々な課題が指摘されている民間試験だけになることに、大学・高校ともに不安が強いようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます