イスラエルで17日にあった総選挙で、パレスチナ問題は争点にならなかった。与野党がともに「勝利宣言」をできず、次の首相が誰になるかは不透明な状況だ。だが、政権の行方にかかわらず、中東和平の進展につながる可能性は少ない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます